氷上の軌跡 -#22 佐藤稜-


皆さんこんにちは!
経済学部4年の佐藤稜です。

入学時、植森脩太郎に11番を譲り背番号22番を着けさせていただきましたが今では大変気に入っています。


このように背番号の争奪戦から始まった私の中央大学スケート部での活動ですが時が経つのは早いもので、間もなく終わりを迎えます。

まだ最後にして最大の大会であるインカレが残っていますが、この機会に私の4年間を振り返りたいと思いますので良ければお付き合いください。
決して植森さんのようなユニークな文章ではなく、つまらないかもしれませんが、、、


初めに私の経歴に少しだけ触れます。
これまでのアイスホッケー人生は弱くはないけど人数が少ないチームに所属することが多く、私は下級生のうちから試合に出場し、それなりに活躍することができていました。
今考えてみても、満足ではないけど結構上手くいっていたなと思います。

しかし大学では大きな大会で優勝することや強豪チームに所属することで、レベルの高いチーム内の競争というこれまで体験したことのないものによって、人間としてアイスホッケー選手として成長したいと考え、中央大学スケート部の門を叩きました。


しかしそこで待ち受けていたのはまさかの背番号の取り合い!


ではなく想像以上にレベルの高い先輩達とチーム内の競争に加わることさえできない自分、そして試合に出ることができない日々でした。

1年目は1度もベンチに入ることができず、2年目は数試合のみ。
もちろんこれまでのように簡単に行くとは思っていませんでしたが、これほどチャンスをもらえないとは思いませんでした。

全ては自分の実力不足、努力不足が原因なのですが、何かのせいにするために外的要因を探し、仕方ないと言い聞かせ自分に足りないものから目を逸らしていました。

また自分が希望し、せっかく入部させていただいたのに他の大学に行っていればと思案したり、チームが試合をしてる際、勝ちたいという気持ちに嘘はありませんが絶対に、何がなんでも勝ちたいとまでは思えませんでした。

自分が面白くないだけでこのような最低な想いを抱いてしまう。
そんな自分という存在がとても恥ずかしく、情けなく感じ変わろうと決意しました。


それからというもの私は自分を見つめ直し足りないものを補い徐々に試合に出るようになりました。


といけば良かったのですが、残念ながらそうはなりませんでした。

目にかけてくれる先輩からの励ましや応援してくれる人達に報いたいという想い、アイスホッケーに全力で向き合いたいという大学進学時の私の想いなど自らを奮い立たせるものがあり、努力するものの結果が出ない内にまたマイナスな想いを抱き、それではいけないとまた努力を始めて、というサイクルを繰り返すうちにあっという間に時は経ちました。

スポ根漫画や成功者の体験談、または進研ゼミの漫画では努力によって道を切り開いたり全てが上手くいきハッピーエンドとなりますが、弱い私には難しかったです。人生って思い通りにいきませんね。


ここまで暗い話を長々と書きましたが、まだ終わった訳ではなくインカレが残っています。
今年は私の地元の釧路での開催です。
大学4年間だけでなくアイスホッケー人生の最後の大会を釧路で行うことができることに感慨深いものがあります。

もうやるしかありません。
優勝することも試合に出ることも私は最後まで諦めません。


最後までお読みいただきありがとうございました。


P.S.ここで次回予告です。
明日は#63成田啓佑です。
63番にした理由は彼のラッキーナンバーだからだそうです。
面白い理由ですね。

そんな、なりちゃんのブログを楽しみにしていてください!

#22 佐藤稜

氷上の軌跡 -#11 植森脩太郎-


皆さんこんばんは。
今年もこの季節がやってきました。
中央大学4年生がお送り致します。
「氷上の軌跡」2019ver.


 これは、1週間に渡り、我々4年生の中央大学での、思い出や最後の大会に向けた熱い思いを皆さんに見てもらおうという企画です。

そんな記念すべきトップバッターを務めさせていただきますのは、背番号11番 植森脩太郎です。
全米を泣かせる気持ちで書きますので、皆さんの暖かすぎる目で最後まで必ず2回は読んでください。


さぁ盛り上がっていきましょう!!!
 

大阪でアイスホッケーを始めた私でしたが、中学の時に北海道の清水町に転居し、清水高校に行き、中央大学に来ました。
そして今、引退が近づくにつれ思うことは、この大学に来て良かったということです。

先輩方には、大学に入るまで私の知らなかった世界を沢山教えてもらいました。
後輩には、大学生の鏡として良い姿を沢山見せれたかなと思います。

これからもホッケーに勉強、そして、パチスロに全力で力を注いで欲しいと思います。
私の13000枚という記録を超えた人はすぐに連絡して下さい。ご飯に連れて行ってもらいます。


私のアイスホッケー人生もあと10日ほどとなりました。
今まで何度も辞めようと思いました。
ですが、両親や同期、周りの方々に助けられ、ここまで続けることができました!
本当に感謝してます。


インカレが終わると私のアイスホッケー人生も本当に終わりです。
卒業してから社会人のチームにも入るつもりはありませんし、いつ防具をつけるかもわかりません。
もしかしたら一生アイスホッケーをしないかもしれません。

 だから最後のインカレは絶対に優勝したいです。今まで育ててくれた両親、指導してくれたスタッフに恩返しするには、優勝することが1番の恩返しになると思います。


あーやってしまいました。
真面目な所を皆さんに思う存分見せてしまいました。
こんな真面目な私を語る上で、最後に1つ、忘れてはいけないことがあります。

それは明治大学#72 宮田佳成の存在です。
彼とは中学からの付き合いで、高校大学と違うチームですが、大の仲良しでライバルです。
この4年間で何度も明治大学が優勝し、彼のばかみたいにはしゃいでる姿を目の当たりにしてきました。

皆さんも思っていると思います。
明治の優勝はもう見飽きましたよね?

じゃあやっちゃいましょう。

インカレでは中央大学が優勝します。
そして、彼がドアマンではなく、明治の大エースとして出場することを祈り、ボコボコにしてやります。
彼の目に浮かぶ悔し涙にも注目です。

そのためにも、是非会場に足を運んで私の応援をして下さい。
中央大学の応援も大事ですが、私の応援をして下さい。大事なことなので2回言わせてもらいました。


次回の「氷上の軌跡」は我らがボス#22佐藤稜です。
彼とは入学時に背番号11を取り合いました。
そして、彼は、私の作戦にまんまと引っ掛ってしまい22番にしてしまうという幸先の悪い大学生活をスタートさせてしまいました。
そんな彼の大学生活はどうだったのか皆さん期待して待っていて下さい!!


長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました!!
 それではもう一度上にスクロールをして、2回目を読んでください。

#11 植森脩太郎

親友


この度、ブログの担当になりました
DF74番の米山幸希です。
こういったことが初めてなので不慣れですが、最後まで目を通していただけると幸いです。


軽く自己紹介をすると、釧路出身で中学までは釧路でアイスホッケーをしていました。
#53権平選手とは中学3年間共にアイスホッケーをしていた仲間です。
ライバルには#24荒木選手、#81菅田選手、東洋大学#8石田選手など昔から知っている選手が沢山います。


そして今回僕がテーマに置くのは「親友」です。

僕が勝手に思っているだけかもしれませんが、僕の親友は現在アメリカのNew York Jr. Islanders でプレーしている安田佳太朗選手です。

彼とは小学生の時に知り合い同じクラブチームの、大進Jrでアイスホッケーをしていました。
彼は小さい頃から体格やホッケーの技術などズバ抜けており、中学3年でu20日本代表に選ばれるなどしていました。
それがとても悔しかったのと同時にやっぱりすごいなぁ〜と感心していたのを覚えています。


なので昔から貰う刺激は大きく、僕のホッケー人生において彼の存在はなくてはならない存在だったのかもしれません!


20191213203735f2e.jpeg


写真右が安田選手です。
これは昨年のu20の時の写真で僕も一緒に参加していましたが、やはり彼のホッケースタイルや迫力のあるプレーには魅了されるものがありますね…


そしてそんな彼はホッケーだけがすごい訳じゃないんです。


20191213203856dfe.jpeg


なんかよくわかりませんが、成績が優秀で表彰されちゃうくらいらしいです。
ホッケーは上手で、頭も良くて、こんなにかっこいい人いませんよね、羨ましい限りです。


小さい頃から刺激を受け続けてきた僕ですが、やはり日本国内の選手よりも彼のように海外でプレーしている選手の刺激の方が計り知れないものがあると感じました。

彼に進路などよく聞かれますが、彼は絶対に「こーきもアメリカ来なよ!絶対に来たほうがいい!」と言います。
このブログを見てる人はホッケー関係の人が多いと思うので、進路で迷っている人がいたら、一度考えてみてはいかがですか?


僕もチャレンジしたい気持ちはありますが、自分の目標に辿り着いてから考えたいと思います。(何年後か計り知れませんが…)


行きたい人がいれば安田くんに相談してみるのもいいと思います。
彼はとても優しい人なので話を聞いてくれると思いますよきっと。笑


最後になりますが、みなさんも親友やたくさんの友達がいると思います。

その人は自分にとってどのような存在なのか、一度考えてみてください。
そうすると、その人からたくさんの刺激を受けたり、考え方の違いだったり様々なことに気づくと思います。

そして、親友と呼べる人を沢山作って下さい。

その存在がいかに大切か、身に染みてわかってくると思います。
僕は彼に出会えて良かったなと心から思います!笑

20191213204007357.jpeg


話が変わりますが、昨日秋リーグと全日本選手権を終えて、現在インカレに向けて日々練習しております!

今年のインカレは地元釧路ということもあり、僕自身とても興奮していますが
悔いの残らないよう全力で優勝を目指して行きますので、中央大学の応援の程よろしくお願いします!

短い内容でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました!

天上天下唯我独尊


タイトルの天上天下唯我独尊は現在では、
「自分ほど尊い存在はないと自惚れることだ」
と言うようなマイナスな意味が先行しがちですが、本当の意味は「自分という存在は世界で1人なのだからその命は尊い。」という意味。

つまりは人と比較ばかりせず自分という存在がオンリーワンであり、「自分」を見出すことの大切さを教えてくれる言葉なのです。


さて、前置きが長くなりました。
1年生法学部の中村竜登です。
どうぞひとつよしなに最後まで読んで見てください。


僕は岡山県出身で高校までアイスホッケーはずっと地元のクラブチームで活動してきました。
他の選手とは違い、スカウトをされた訳ではなく、AO入試でこの中央大学にも入学しました。
もっと上手くなりたい、自分の知らない世界を知りたい。
そして何より大学でもアイスホッケーをやりたい。そういった気持ちを持って僕はこの中央大学のアイスホッケーチームに入部をお願いして現在に至ります。

20191204153710ab0.jpeg


そんな僕ですが、小学校から高校までは小さなクラブチーム所属で練習も週2回ほど。
決して恵まれた環境でプレーしてきたわけではありませんでした。
そして高校2年時に1年間僕はオーストラリアに留学もしました。
そこでもクラブチームに所属しとても貴重な経験を積みました(決して上手くなった訳では無いです笑)。

留学は自分の価値観を大きく広げてくれました。
そこで培った挑戦する気持ちというのが大学でもアイスホッケーをしたいと思うきっかけの1つでもありました。

20191204153719fbf.jpeg


2019120415372706f.jpeg


入学してからは毎日苦労の連続でした。
今までした事の無い早朝の練習、ウエイトトレーニングや陸上トレーニング。

どれを取っても自分は他の選手に劣っており、気持ち的にも4月はしんどくなったりしました。

「自分はチームに居ていい存在なのだろうか。」
「本当にこれでいいのだろうか。」

葛藤もありました。

しかし、今までを振り返ってみた時、自分はいつも様々な挑戦をしてきた中で、その都度乗り越えて来ました。
そしてその時にはいつも両親を始めとした多くの人に支えられてここまでやって来ました。支えてくれる人達のために、そして何よりも自分自身ために、悔いのある人生にしないために、全力でアイスホッケーを大学でやろうと思いました。


「自分の人生の主役は常に自分自身。」

人と優劣を較べても何も始まらない。
だから、今できることを積み重ねて自分という人間らしくチームに貢献する。
そんな選手になれたらいいです。これこそ天上天下唯我独尊だと僕は思います。


リーグ戦は2位という結果で終わり、明後日からは全日本選手権が始まります。
中央大学は1回戦は王子イーグルスと対戦します。皆様のご声援の程よろしくお願い致します。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

考え方


皆さん初めまして!

総合政策学部#38の中田悠斗です!

人生初のブログなので気になるところがあっても大目に見てくれたらとっても嬉しいです笑


まず僕のこと知ってる方は少ないですよね笑
僕は生まれも育ちも札幌です!
小、中は札幌のクラブチームで高校は北海高校です!
やはり帰省などすると中、高の友達って一生の宝物だなと感じますね!
寮生活も東京も初なので初めての経験ばかりです。


ところで何を書こうかと考えたのですが、僕は可愛いペットも飼ってないし日常もつまらないので、東京に来て思ったことを書こうと思います!

先ほども言いましたが寮生活も東京も初めてです。なので色々と考えさせられる事が多いですね。
大学に入学し色々な人とも話したりする事が増えすごいなぁと感じる事が多くなりました。


特に思う事が考え方を変えるだけで全然違うんだなーってことです。

将来の仕事の話を聞いているとやはり人との縁であったり人との関わり方がすごく大事だと聞きました。
そして高校からの知り合いと何度かご飯に行く事があり、話をしてると最近全くストレスを感じることがない!と話をしていました。

それってすごい事ですよね。


このような人たちにはある共通点があることに最近気がつきました。

それはとてもプラス思考で楽しそうに過ごしているということだと考えました。

僕の性格上、何かあると深く考え込んでしまったり、ああなったらどうしようなどマイナス思考がどうしても先行してまいます。

ですが、その2人に相談したら、別に死なないから大丈夫🙆‍♂️とか、逆に考えればこういう事でしょ?など、プラス思考の考えが先行していてやはりすごい人たちだなと思い、僕にはこの考えがなかったなといつも勉強になっています。

そしてその2人は感謝の気持ちを大事にしていて、感謝の気持ちがプラス思考で考える事のできる1つの要因なのではないかと自分自身思っています。


以前の台風であまりにも暇だったので、1冊の電子書籍を購入した時、マイナスな出来事や負のイメージが付いている事もプラスに転換する言葉や考え方がたくさん載っていて、まだまだ僕の考えや気持ちが未熟であることをとても痛感させられました。
物事を様々な角度から見るって面白いですね。

そして、その考え方はホッケーにも活きてくると思います。
アイスホッケーも含めスポーツは考え方でプレーがガラッと変わると思います。
それがまたスポーツの面白さの1つでもありますよね。

アイスホッケーの技術ももちろんなのですが、人間力の向上もまた必要なのだと大学に入ってとても感じています。
人間力が向上すると応援される選手となり、応援される選手が増えると応援されるチームへとなります。
これは高校の顧問の先生から学びました。

行動力がなく面倒くさがりで部屋長の蓮さんからは、動くときは動くアザラシみたいと言われていますが、アザラシらしく少しずつ僕なりに頑張ってみようと思います!


読んでくださっている方もなにかのきっかけに考えてみてはいかがでしょうか。意外と楽しいものですよ笑


最後に、我々中央大学は秋リーグを2位という形で大会を終えました。
残すところは全日本選手権とインカレだけとなってしまいました。4年生もあと2つの大会で引退となってしまいます。
チーム一丸となって必ず勝ちで終われるように頑張っていくのでこれからも中央大学スケート部の応援よろしくお願いします!

あと、リンクなどで僕のこと見かけた方はぜひ声をかけてくれると嬉しいです笑

最後まで読んでくださった方ありがとうございました!
ニュース&トピックス

メッセージ

メンバー紹介

ブログ

試合日程・結果

フォトギャラリー

ムービー

ツイッター

トップページ

カレンダー(月別)
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ