部屋長最高


ブログをご覧の皆さんどうもはじめまして!
商学部1年 #8 風呂掃除兼ダンボール捨て係の小原一海です!

今回のブログが人生初ブログなので、つたない文章になってしまうかもしれませんが、面白かったらTwitterのいいね!ボタン、面白くなかったらDMでご指摘頂けると何よりです。
よろしくお願いします!!


さて!そろそろブログを始めたいと思うんですが、一昨日くらいから何を書こうかなぁーと思って他の一年生のブログを見てたらみんな自分のことについて語っていたので、僕も自分の地元のことについて語らせていただきます!

僕の地元はむかわ町というところでとても田舎です。

2019110118551201e.jpeg


流石に前回担当者の菅田ろいの村よりはマシなのですが過疎化が進んでいます笑
そんな田舎を去年の9月胆振東部地震が襲いました。僕の家もテレビや色々なものが壊れて本当に大変だったと聞いていました。

そんなむかわ町復興のために募金をいただけると嬉しいです。僕経由で…


とまぁ僕の地元の話はこの辺にして、紹介してもらったら紹介し返すしかないということでこのブログの本題に入ろうと思います。

今回のブログのテーマは…
我らが部屋長宮本あきらさんについてです。
僕はあきらさんのいいとこ言えって言われると無限に言えるくらい大好きなのですが、最近はなぜかあきらさんがよそよそしくなってます。

理由はわかりませんが…笑

そんな中大スケート部の漫才コンビと言われている僕らのコミュニケーションはボケとツッコミの応酬です。
基本的にはあきらさんがボケなので僕はしっかり拾っていってるのですが、最近は権平というちょっと息の臭いやつにツッコミポジションがとられそうです。

そんな大好きなあきらさんとの今までで一番の思い出は初ゴールをあきらさんからのパスで決めれたことです。本当に嬉しかったです!!

20191101185711d3d.jpeg


なのでいつかはあきらさんと一緒のセットでやりたいんですがあきらさんは嫌みたいです笑
まずは試合に出れるよう努力して頑張ります!!


最後になりますが、リーグ戦も残り6試合となり、いよいよ終盤戦です。

次の明治に勝つことをチーム全員が意識して練習しているので、その勝利を必ず掴んで、まずはリーグ戦1位を目指して頑張りますので、中央大学を応援よろしくお願いします!


徳光さんのようなとても素晴らしい文ではなかったのですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

初めまして。菅田路莞です。


ブログのご覧の皆さんこんにちは。
商学部1年 #81 菅田路莞です。

初めてのブログということもあり読みづらい文章になってしまうかもしれませんが、読んでもらえると幸いです。


自分が中央大学に入学してから、早くも約7ヶ月が経ちました。
入学当初は、慣れない環境での寮生活や大学の授業などで不安や戸惑いもありましたが、同期や先輩方のおかげで今ではとても有意義な大学生活を送らさせてもらっています。


さてブログを書くにあたり、自分は趣味や私生活が独特すぎるため、今回は少し地元について触れて、母校である「埼玉栄高校」について少し書こうかと思います。

自分の地元は釧路ではなく、鶴居村という村です。

20191025170741b95.jpeg


写真を見ての通りただの村ではありません…ど田舎です。


これは自分の小中学校の頃の通学路です。毎日自転車で通学していたのが懐かしく感じます。

小学校の全校生徒は30人もいなく中学校では15人くらいでした。とても規模は小さいですが凄く楽しかったです。


そう、今回のブログのキーポイントは
「規模」です。

中学校まで自分は全校生徒何百人といった事が想像もつきませんでした。
しかし、入学した埼玉栄高校は全校生徒がおよそ3000人という規模。
この数は自分の地元である鶴居村の総人口よりも多いい人数です。その埼玉栄高校は部活動数が68部もあります。中には柔道やバトミントンそして競泳といった数多くの部活動に日本代表の選手がいます。自分の同期にも日本代表の選手やオリンピック候補の選手がおり沢山の良い刺激をもらっていました。今でも連絡をするたびに元気と勇気を貰っています。

競技施設は総面積が東京ドーム14個分もあり、たくさんの施設でトレーニングをさせて頂いたおかげで体が一回りも二回りも大きくなりました。

学校行事でも、修学旅行でアメリカに行ったりなど栄でしか味わえない事が沢山あります。

20191025170614f6e.jpeg


この写真は体育祭のマスゲームという人と人が並び合って一つの作品を作る演技です。
 

埼玉栄高校ではこれからも忘れられない3年間が過ごせたと思っています。今の自分があるのも充実した濃い高校3年間があったからだと思っています。

しかし自分はその3年間以上にさらに濃い大学4年間を送らなくてはいけないと思っています。そのために毎日限られた時間を有効活用して色々なことに挑戦し、努力を続けていきたいと思っています。


最後になりますが、残りのシーズンをチーム一丸となり白熱した試合をお見せできるよう頑張っていきます。
これからも中央大学の応援宜しくお願いします。

まとまりのない文章にはなってしまいましたが読んで頂きありがとうございました。

自信


皆さんこんにちは。
初めてブログを書かせていただく法学部1年の荒木翔伍といいます。

なぜ「自信」というお題なのかというと自分の好きな言葉だからです。

「自信」とは自分を信じることだと思います。僕も自信を持ち続けて今まで競技をやってきました。
何事にも「調子」というものがありますが、それは自分自身の気持ちで左右されることだと思います。僕の場合は自信がない時にうまくいかず、自信に満ち溢れているときは最高のプレーが出来ていると、今までの経験から言えます。
僕は気持ちの凹凸が激しいところが弱みなので時々リフレッシュしてみたり、練習以外の時はアイスホッケーのことをなにも考えないようにしたりしています。
これからも自信が過信にならないよう頑張っていきます。


ここでちょっとだけ僕のことについて書いていこうと思います。

生まれ故郷は北海道の釧路です。釧路ではアイスホッケーが盛んということで小学生の頃から始めました。実は野球もやってみたかったです。

アイスホッケーは他の競技と比べてお金がすごくかかる競技なのですが、自分が欲しいと言った防具はなんでも買ってくれた父に感謝を忘れることなく今まで続けてきました。
そんな父に最高の親孝行は、自分の活躍を見せて喜ばせてあげることだと思ってるので、これからも技術力向上の為、努力していきたいと思っています!

中学は地元の釧路鳥取を卒業し、高校は親元を離れ、過去インターハイを31回制しているずっと憧れだった駒大苫小牧に入学しました。

やっぱりスポーツをやっている以上、日本一になるということは夢だと思います。
僕も日本一になりたくて駒大苫小牧の毎日死にたくなるような練習に挑戦しました。
仲間と助け合いながら毎日共に乗り越え、3年目のインターハイでなんと、日本一になることができました!勝った瞬間の感触は一生忘れることはないでしょう。

201910191337064c8.jpeg


このようにスポーツを通じて学ぶことはたくさんあります。僕も今まで色々な経験をしてきました。
それが全て良い経験ではありません。インターハイを優勝する為にも様々な事を犠牲にしてきました。練習も毎日辛く、仲間とも何度もすれ違い、嫌なことの方が多い気がします。しかし、いつか必ずその経験は良かったと思える日がくると信じた結果が日本一でした。父もその試合を見に来て、自分がしてきた経験は間違いなかったと、活躍よりも良い親孝行ができたのではないかと思います。


今までの人生では、ほとんどアイスホッケーに尽くしてきた僕ですが、大学に入学し様々な事に挑戦して行こうと思っています。
大学に入って思ったことは、良い意味でも悪い意味でも自由です。そこで時間の使い方によって個人の差がでるのではないかと思います。
大学を卒業すれば嫌でも社会に出ます。その為に今までしたことなかったバイトや、あまり精力を注いでこなかった勉強にも時間を使い頑張っています。
勉強はスポーツと違って、いくら気合いがあっても無理なものは無理なのでちょっと厳しいですけどね(笑)


今年の中央大学アイスホッケー部は、春のリーグ戦敗退の悔しさをバネに夏の大会を優勝することが出来ました!
そして今は秋のリーグ戦の真っ最中です。既に2敗していますが、まだまだ優勝の可能性があります。絶対に春の悔しさを忘れずにこのリーグ戦を勝ち取り、シーズン最後のインカレに繋げていきます。

自分自身も絶対に優勝チームの貢献者になりたいという思いが強いです。そして、なんとしても4年生には最高の形で大学ホッケーを終えて欲しいという思いもあります。
これから益々厳しい戦いになってくると思いますが応援よろしくお願いします!

読んでいただきありがとうございました。

阿部隼士とは


皆さんこんにちは!

今回からしばらく1年生がブログを担当いたします。
トップバッターを務めさせていただきます経済学部1年#39の阿部隼士です。

今回は少し自己紹介を含めながらブログを書かせていただきます。
文章が拙いと思いますが、最後まで読んでくれたら幸いです。

まず、僕は同期や先輩から「アベッキー」というあだ名で呼ばれています。
このあだ名を聞いてほとんどの人がこう思うでしょう。
いや、「ッキー」はどこから来た!!?
そうですよね、僕も思います。
きっかけは小2の頃に友達が唐突にアベッキーと呼んでから11年間受け継がれてるあだ名です。
なんと僕のアイスホッケー歴とほぼ一緒です。
僕のアイスホッケー人生はアベッキーというあだ名と共に築いてきたと言っても過言でもありません。(何言ってんだ)

そんな僕の趣味は料理を食べることと料理を作ることです。

これは僕が食べ物の中で一番好きなラーメンです。
ラーメンって…いいですよね…🤤

20191011181914911.jpeg


これは昨日の夜の自炊です。
鶏肉と野菜のトマト煮込みです。

2019101118192443b.jpeg


最近は僕と同期の米山と植森さんの3人で食べるのが日常となってます。
これが中央の1セット目で活躍する2人の強さの秘訣なのかもしれません。


これから秋リーグ後半戦が始まります。
各々最高のコンディションで試合に臨むように心がけていますが、僕たちはこのご飯を食べて最高のパフォーマンスが出来るように頑張ります。

明日から今年最大規模の台風が上陸しますが、選手一同台風に負けず、むしろ大学の中で台風のように強く恐れられるようなチームになれるように頑張りますので、皆様も台風にもウイルスにも負けず健康な体で応援してくれると幸いです。

と 最後まで読んでいただきありがとうございます。
選手も応援してくれる皆様も含め、全員一緒に優勝しましょう!

自信


ブログをご覧の皆さんこんにちは
法学部3年生 #23 塚原宏太です。

日頃から中央大学へのご声援誠にありがとうございます。
皆さんのご声援もあり、夏の交流戦を優勝する事が出来ました。引き続き中央大学へのご声援の程よろしくお願い致します。

普段ふざけている事が多いのでブログでは少し真面目に書こうかなと思います笑


私が今回この題名にした理由として自分の人生が大きく関わっています。
今回ブログを書くにあたり自分の人生について考えてみました。

私は何かと後悔をしてしまう事が多いです。なぜ後悔してしまうのか考えたところ、自分に自信がないという事がわかりました。自分を過小評価してしまい、勝手に自信をなくしている事が理由です。

私は人間観察が好きで、よく人の言動や行動に注目して生活をしています。人間観察を通して気づいたのは、自信がある人は成功し、人生を楽しんでいる事です。実際にインターンシップに行き、働いている方を見ていると上司の方や頼りにされていると感じるた方は表情が活き活きとし、自信があるんだろうと感じました。逆に、暗い雰囲気であったり、自信がなさそうだなと感じた方は、あまり楽しそうではありませんでした。

上司の方にお話を伺う機会があり、成功の秘訣やどんな事を意識しているのかを伺ってみました。皆さん共通して自信を持つ事と仰っていました。意識しているのは自信を持って取り組む事。そうして取り組む事により、物事は上手くいき、いい方向へ向かっていく。その自信をつける為に沢山失敗もしたと仰っていて、失敗をする事は大切だと言う事を学びました。

自信を持つという点では、ホッケーでも同じ事が言えるのではないかと思います。私自身良いパフォーマンスをする事が出来なかった時は自信がなく、失敗を恐れたり、逃げてしまっている場合が多く、ベストなプレーをする事が出来た時は攻めの姿勢でその状況を楽しんでいると感じています。
逃げてしまう時点でスタートラインに立つ事すら出来ていません。逃げなければ結果は変わっていたかもしれない、やってみないとわかりません。挑戦をした失敗は、逃げるよりも次に活かせる可能性が生まれると思います。

これらの経験から私は失敗を恐れずに沢山の事に挑戦していき、その失敗も楽しんでいきたいと思いました。


最後になりますが、私はこのチーム、4年生が大好きです。最後みんなで笑って終われるように頑張ります!!

まとまりのなく、面白みのないブログではあったと思いますが、御時間頂きありがとうございました。


塚原宏太
ニュース&トピックス

メッセージ

メンバー紹介

ブログ

試合日程・結果

フォトギャラリー

ムービー

ツイッター

トップページ

カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ