【 秋リーグ 】vs早稲田大学①

- -

こんばんは!

昨日行われました早稲田大学との試合結果を報告いたします。


▼vs早稲田大学

7-4 (3-2 1-2 3-0) 〇

G1: #13 A: #83

G2: #23 A:#77

G3: #77 A:#23 #26

G4: #23 A:#26

G5: #72 A:#11

G6: #26 A:#77 #23

G7: #23 A:#26

早稲田大学 (G1: #21/ G2: #8 / G3: #12 / G4: #1 )


1P: サマーカップでは先制点を許し波に乗れていなかった中央大学。
序盤に先制点を取り、勢いに乗りたいところ。

その瞬間は試合開始のブザーが鳴り響いた1分10後に来ました。

#13沖澤の激しいフォアチェックからルーズパックがこぼれると、#83小野がパックを奪い、#13沖澤にパックを戻し、放ったシュート。

パックはゴーリーの右肩口を鋭くすり抜けゴールネットに突き刺さりました。

追加点は2分26秒後でした。#28小川と#65蓑島のDF陣がNZ(ニュートラルゾーン)からターンオーバーを奪うと、ルーズパックを拾った#77齊藤が、ワイドオープンの#23乾へパス。
体制十分から放たれたパックはグラブ下をすり抜け、ゴール。

早い時間帯から2-0と中央大学はリードを奪います。

その後早稲田に1点を取られるものの、#77齊藤が追加点を挙げます。後半終了間際早稲田大学が追加手を挙げ、第一ピリオドを3-2で終えました。



2P: 第一ピリオド最後にゴールを奪った早稲田大学が2連続ゴールをし、中央大学は3-4とビハインドの展開に。
嫌な雰囲気を断ち切ったのは、第一セットでした。

#23乾→#26坂本→#23乾の連携プレーで早稲田守備陣を翻弄し、相手ゴーリーをかわしての技ありゴールで同点に追いつきます。

4-4で第ニピリオドを終えます。


3P: この試合の流れを変えた場面が来ました。52分02秒、パワープレーのチャンスに#72宮本がセンターラインを駆け抜けシュート。

勝利を大きく手繰り寄せるゴールとなりました。

その後、#77齊藤からのパスを受けた#26坂本がゴールを決め6-4とします。

仕上げはこの日2得点と絶好調の#23がエンプティーネットゴールを決めハットトリックとし、7-4で中央大学に軍配が上がりました。

守りでは第3ピリオドを無失点に抑え、要所での好セーブが光った#1金子の活躍も大きかったです。





次の試合は

10月8日(日) 15:00~
vs東洋大学

です!

中央大学が優勝を収めるためには負けられない戦いとなります。

尽力いたしますので 、応援よろしくお願いします!!



ページトップ