四年間を振り返って

こんにちは。中央大学スケート部マネージャー経済学部4年の吉田実里です。
この4年間、感謝の気持ちでいっぱいです。
スケート部に入ったばかりの時は頃は筋肉隆々の男の子たちがたくさんいて、何をしたらいいかも分からず、正直怖いなと思っていました。笑
けれど、試合ではあんなに真剣でかっこよく見える選手たちも私生活では面白くて、気さくで、優しくて、今では心からマネージャーになってよかったなと思っています。

私がマネージャーになったきっかけは、木村拓哉さん主演のドラマ『プライド』でした。
中学生の時にプライドを見て、こんなにかっこいいスポーツがあったんだ!と知って大学生になったら絶対アイスホッケー部のマネージャーになろうと決めていました。
実を言うと、恥ずかしながら中央大学のアイスホッケー部が強いことも知りませんでした。
初めて中央大学の試合を見た時は、プライドより何倍もかっこよくて、感動したのを覚えています。

4年間、一試合、一試合、たくさんの感動をくれた選手に感謝しています。
試合以外にも、合宿でみんなで一緒にご飯を食べたり、夏は海へ行ったり、同期とキャンプに行ったり、思い出は尽きません。
みんなのおかげで忘れられない大学生活になりました。

また、チケット販売をしていて、『がんばって』と差し入れを持ってきていただいた皆様からのお言葉も本当に嬉しかったです。お心遣いありがとうございました。

そんなアイスホッケー部で私がマネージャーを4年間続けられたのは同期のマネージャーの大貫美都がいたからこそでした。
この4年間、合宿では必ず大貫と2人部屋で、朝から晩まで2人で騒いで、笑っていました。
迷惑をかけることも、助けてもらうこともたくさんありました。
4年間で喧嘩することもありましたが、私にとってかけがえのない存在です。

そんなマネージャーとしての仕事ができるのもあともう少しだけです。
4年生になってから、全ての出来事に『最後の』という言葉がつくようになりました。
最後の春、最後の夏、最後の秋、
そしてもうすぐ最後の冬です。
マネージャーは選手と一緒に戦えるわけではないので、応援することしかできませんが、優勝してくれると信じています。
大きな怪我なく、有終の美を飾れることを祈っています。

至らないマネージャーでしたが、近くで応援して、一緒に喜んだり、笑ったり、泣いたりすることができて幸せでした。
卒業後はそれぞれが別々の道に進み、今までのようにみんなに会うことも出来なくなるのが本当に寂しいです。

残り少ない学生生活で、アイスホッケー部での思い出を大事にしていきたいです。

最後になりましたが、選手のみんな、スタッフの皆様、ご父兄の皆様、OBの皆様、中央大学スケート部を応援してくださっている皆様、そして何よりも4年間一緒にマネージャー活動をしてきた大貫美都に心より感謝申し上げます。


20161229212651712.jpg

ニュース&トピックス

メッセージ

メンバー紹介

ブログ

試合日程・結果

フォトギャラリー

ムービー

ツイッター

トップページ

カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ