【秋リーグ】vs明治大学①


おはようございます。
昨日行われました明治大学との試合結果を報告いたします。

▼vs明治大学 15:00~

2-5 ( 1-2 0-1 1-2 ) ✕

G1: #77 A:#26 #20

G2: #26 A:#65 #77

明治大学 ( #13 #10 #19 #22 #21 )


リーグ戦一巡目の大一番、互いに全勝をかけた戦い。


春、夏と明治大学には敗戦の記憶を深く刻み込まれ、秋こそ!と臨んだ試合でしたが、悔しくも2-5で敗れるという結果に終わりました。


最終戦の明治では必ずや勝利を収められるよう頑張りますので、今後ともご声援の程よろしくお願い致します!





次の試合は

10月22日(日)
vs慶應義塾大学 12:30~

です。

2巡目の初戦です。
いい流れに乗れるよう頑張ります!


また、Facebookにてブログ以外の写真なども公開しております。
お時間ある時にでも
『中央大学スケート部アイスホッケー部門』で検索してみてください!

【秋リーグ】vs東洋大学①


こんばんは!

10月8日に行われました東洋大学との試合結果を報告いたします。

▼vs東洋大学

4-0 (2-0 2-0 0-0)〇

G1: #77 A:#23 #26

G2: #26 A:#23 #77

G3: #13 A:#10 #47

G4: #26 A:#77

1P:計5試合総失点6と鉄壁の守備を誇る東洋大学。
早めに先制点を挙げ、その堅固な守備を崩したいところ。

試合開始15秒目のまさに電光石火の攻撃で#77 齊藤がゴールを決め、試合の口火を切ります。

10分23秒に東洋大学に攻められ、ピンチを迎えますが、#11植森の体を張ったブロックショットでゴールを許しません。

17分13秒ではパワープレーでは#26坂本→#77齊藤→#26坂本の息の合った連携プレーから2点目をもぎ取り、1Pを2-0としました。


2P: 攻撃の手を緩めず追加点を挙げたい中央大学。
#47高野からのロングパスがキーパーに弾かれるものの、#10小泉が拾い、#13沖澤にパスをし、シュート。
中央大学が貴重な追加点を挙げ3-0とします。

4分にはまたも#77齊藤→#26坂本のホットラインが開通。
華麗なバックハンドシュートを決め、4-0とします。

守備では守護神#1金子が幾度となくピンチを防ぎ、スコアボードに0を刻みます。


3P: 中央は3度のパワープレーの機会を得ますが、決定打を決めることができずゴールを決めることはできません。

しかし、今大会初の完封勝利を目指し、守備陣と#1金子が奮闘し、見事4-0で東洋大学に勝利しました。



#1金子は今大会初のシャットアウト。

次戦の明治大学戦に向け、弾みのつく試合となりました。



次の試合は

10月15日(日) 15:00~

vs明治大学

です!

三連覇に向けた大一番です。
気を引き締めて戦います!
ご声援のほど、よろしくお願いします!




【 秋リーグ 】vs早稲田大学①


こんばんは!

昨日行われました早稲田大学との試合結果を報告いたします。


▼vs早稲田大学

7-4 (3-2 1-2 3-0) 〇

G1: #13 A: #83

G2: #23 A:#77

G3: #77 A:#23 #26

G4: #23 A:#26

G5: #72 A:#11

G6: #26 A:#77 #23

G7: #23 A:#26

早稲田大学 (G1: #21/ G2: #8 / G3: #12 / G4: #1 )


1P: サマーカップでは先制点を許し波に乗れていなかった中央大学。
序盤に先制点を取り、勢いに乗りたいところ。

その瞬間は試合開始のブザーが鳴り響いた1分10後に来ました。

#13沖澤の激しいフォアチェックからルーズパックがこぼれると、#83小野がパックを奪い、#13沖澤にパックを戻し、放ったシュート。

パックはゴーリーの右肩口を鋭くすり抜けゴールネットに突き刺さりました。

追加点は2分26秒後でした。#28小川と#65蓑島のDF陣がNZ(ニュートラルゾーン)からターンオーバーを奪うと、ルーズパックを拾った#77齊藤が、ワイドオープンの#23乾へパス。
体制十分から放たれたパックはグラブ下をすり抜け、ゴール。

早い時間帯から2-0と中央大学はリードを奪います。

その後早稲田に1点を取られるものの、#77齊藤が追加点を挙げます。後半終了間際早稲田大学が追加手を挙げ、第一ピリオドを3-2で終えました。



2P: 第一ピリオド最後にゴールを奪った早稲田大学が2連続ゴールをし、中央大学は3-4とビハインドの展開に。
嫌な雰囲気を断ち切ったのは、第一セットでした。

#23乾→#26坂本→#23乾の連携プレーで早稲田守備陣を翻弄し、相手ゴーリーをかわしての技ありゴールで同点に追いつきます。

4-4で第ニピリオドを終えます。


3P: この試合の流れを変えた場面が来ました。52分02秒、パワープレーのチャンスに#72宮本がセンターラインを駆け抜けシュート。

勝利を大きく手繰り寄せるゴールとなりました。

その後、#77齊藤からのパスを受けた#26坂本がゴールを決め6-4とします。

仕上げはこの日2得点と絶好調の#23がエンプティーネットゴールを決めハットトリックとし、7-4で中央大学に軍配が上がりました。

守りでは第3ピリオドを無失点に抑え、要所での好セーブが光った#1金子の活躍も大きかったです。





次の試合は

10月8日(日) 15:00~
vs東洋大学

です!

中央大学が優勝を収めるためには負けられない戦いとなります。

尽力いたしますので 、応援よろしくお願いします!!



【 秋リーグ 】vs日本体育大学①


こんばんは!

昨日行われましたvs日本体育大学の試合結果を報告いたします。


▼vs日本体育大学 12:30~

2-1 (2-0 0-0 0-1) 〇

G1: #13沖澤 A:#29阿部 #10小泉

G2:72宮本 A:#11植森

日本体育大学 (G:#81 A:#10 #8)


1P: 序盤から華麗なパス回しとスピードのあるホッケーで、日体大DF陣を翻弄しますが、ゴールネットを揺らすことが出来ず、我慢の展開が続きます。

しかし開始10分に、沖澤拡(ヒロム)選手のパスが相手GKに当たり、空中に上がったパックがGKの背中に当たりそのままゴールし、思わぬ形で先制点が入ります。


2P: 第1Pの勢いのままに、果敢にゴールを狙って行きますが、日本体育大学GK高橋勇海選手が立ちはだかり無得点が続きます。

中央大学はパスミスやクリアミスからピンチを招く場面がありましたが、GK#1金子将太朗選手の好セーブにより第2Pを無得点で終え、両者譲らない展開が続きました。


3P: 追加点が欲しい中央大学。
残り時間5:45となったところでついにその瞬間が来ます。

FW#72宮本明朗(アキラ)選手が鋭くサイドを切り込みDF陣を抜き去り、角度のない場所からシュートしゴール!

試合の行方を左右する貴重な追加点を挙げました。
その後日本体育大学に1点を取られますが、試合終了。

2-1で中央大学が勝利致しました。





▽次の試合は

10月1日(日)

vs早稲田大学 15:00~

です!



今週末24日には栃木県にて
日光明峰高校との練習試合(16:00~17:30)があります!

高校生が相手と言えど、有意義な練習試合となるよう頑張ります。







【 秋リーグ 】vs法政大学①


こんばんは!

本日行われました、法政大学との試合結果を報告いたします。

▼vs法政大学 17:00~

3-1 (3-0 0-0 0-1) 〇

G1:#26坂本 A:#23乾 #65蓑島

G2:#26坂本 A:#23乾 #65蓑島

G3:#77齊藤 A:#26坂本 #20切江

法政大学(G1:#11 A:14)


1Pはパワープレーのチャンスを活かし先取点をもぎとり、その後も流れに乗り追加点を連取し3-0とします。

2Pはペナルティーが連続し、攻め込まれる形が多くなりましたが、守護神金子将太朗と堅実な守備陣によって、得点を0に抑え、流れを渡しません。

3P、ディフレクション(パックの角度を変える高等技術)をされ、法政大学に1点を許しましたが、その後は中央が攻め込み、あと一歩でゴールという場面が続きます。

法政大学は残り1分となったところで6人攻撃を仕掛けますが、中央が凌ぎ試合終了。

3-1で中央大学が勝利しました。



次の試合は

9月18日(月・祝) vs日本体育大学 12:30~

@ダイドードリンコアイスアリーナ
(東伏見駅出てすぐ)

です。

応援よろしくお願いします!





ニュース&トピックス

メッセージ

メンバー紹介

ブログ

試合日程・結果

フォトギャラリー

ムービー

ツイッター

トップページ

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ