氷上の軌跡 -#29 阿部翼-


総合政策学部四年阿部翼です。


これが私にとって大学生活最後の文章となります。

私がアイスホッケーを始めたのは、小学校一年生の時です。
弱小チームで、いつも大差で負けることが当たり前のようでした。

中学からは合同チームで現四年生斉藤と同じチームで戦い、彼には昔から助けてもらうことが多かったです。

高校に入り、武修館高校へ入学することになりました。
ここでは、監督、コーチ、チームメイトを含め、人間的に大きく成長させてもらいました。

と、今までの経歴を簡単に説明させてもらいました。


さて、ここからは大学生活を書かせていただきます。
私が入学する前に、中央大学が無敗で三冠するという偉業を果たし、その姿に憧れ入学しました。
憧れていた先輩方の背中は大きく、多くのモノを学ばせてもらいました。
それと同時に、厳しさも何倍と感じることになります。

一年生春、人生で初めてのベンチ外の悔しさを知り、高校の頃に言っていた事をよく思い出しました。
それは、「ベンチに入れない人の気持ちを考えろ」です。

あの頃はわかってあげられていたという気持ちでいましたが、いざ自分がその場に立った時、今まで思っていたよりも想像がつかないほどの気持ちになりました。

悔しい気持ち、そして何より親への申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
自分が試合に出て活躍する、優勝することが全ての恩返しになると思っていた私は、自分を生まれて初めて嫌いになりました。

そんな時にいつも声を掛けてくれていたのが当時三年生の小泉智也さんでした。
落ち込んでいる私を何も考えないようにと、練習、ウエイトなどと常に誘っていただき、落ち込んでいる暇なんて無いぞ。
と言葉では言われませんでしたが、自分にはそう感じました。

そこからの自分は、人に笑われても下手で馬鹿にされても歯を食いしばり泣きながらでも我武者羅に一歩踏み出せる様になりました。
その一歩があったからこそ、今の自分を強くさせてくれたと思います。
 

二年生の秋、試合にも使ってもらえるようになり出場機会が増えてきていた私は、人生で一番の大きな怪我をしました。
シュートで膝の皿が割れ全治半年と二年生の残りのシーズンを諦めなければいけなくなりました。
せっかくの成長のチャンスをここで台無しにしてしまいました。

ただ、何故かそこには悔しいという気持ちが全くなく、ホッとした自分がいました。
それは、いつセットを落とされるかと毎日必死でビクビクしながら過ごしていた日々から何も考えなくても良い、解放にあったと思います。

選手として悔しさがなくなるというのは、自分の成長を止めたことを意味すると私は思います。
私は選手失格なのです。
今でも私はこの事を後悔しています。


そして、四年目についてです。
今年度、私は主将を務めさせてもらっています。
中央大学は、今年だけ勝てればそれで良いチームではありません。
これからもずっと優勝し続けるチームを作らなけばならないと自分なりに考え、各学年に代表者を作り何かあればその代表者を中心に話し合って考えさせ、次年度以降もスムーズに進行できるようにしてきました。
寮の周りの方々にも応援されるようなチーム作りをしたいと清掃活動もしました。

今年やってきたことに間違いはないと証明できるのは、優勝してからでないとわかりません。
逆にいうと優勝して証明することもできます。

ここ数年どんなに先輩方が頑張ってくれても優勝から遠退いています。
それは、後輩である自分たちの頑張りが足りなかったのだと思います。
先輩方の悔しい姿を何度も見てきました。
今年は、その先輩方の悔しい姿を背負って立っています。

四年になり、周りの方々からも声をかけてもらえることが多くなりました。
日頃から支えてもらっていることに改めて実感させてもらっています。
全ての方々、先輩のためにもインカレを必ず優勝して恩返しします。
 

最後に、私はいつも味方の選手たちに恵まれていると思っています。
他大学にも自慢できるほどの上手い選手がたくさんいます。
後輩のみんなには四年生のためにもう少しだけ力を貸してもらいたいと思います。
怒ったり、厳しい事をたくさん言ってきましたが本当に可愛い後輩たちです。

同期の四年生にもたくさん助けられました。
まだまだ、みんなと学生でバカをやっていたいけれど時間は待ってくれません。
刻一刻とその日は、近づいています。

こんなに恵まれたチームメイトと四年間過ごせて私は幸せ者でした!!
本当にありがとう!!
この最高のチームメイトと最後の大会を楽しみます。


ではなく、優勝して思いっきり喜び合いたいと思います!!
中央大学スケート部を最後まで応援よろしくお願いします!

主将 #29 阿部翼

氷上の軌跡 -#77 齊藤大知-


法学部4年の齊藤大知です。


この時期の中央大学スケート部の4年生はこのブログで何を書くのかについて、とても悩みます。
後輩のみんなは今のうちに、考えておいた方がいいと思います。


自分の生い立ちはみんな書いていて、家族への感謝の気持ちは蓮が書いて、チームに対する熱いことは明日の翼が書くと思うので、私はマネージャーについて書きます。


中央大学のマネージャーは7人います。
3年生が4人、1年生が3人です。
許可は取ってないんですけど、軽く紹介したいと思います笑

・啓吾は部員のみんなよりも自分の時間を削って、チームの為に仕事をしてくれています。
その他にも個人的にたくさんの参考動画を送ってきてアドバイスをくれます。
動画の編集技術はピカイチです。
そのままナショナルチームのマネージャーいけるくらいです。

・菜那ちゃんは毎朝練習の時に階段を登りながら元気に挨拶してくれます。
その他にも、何かと共通な話題があるので話していると楽しいです。
あとテーピング持ってくるのが早いね笑
コミュニケーション取るのがとても上手です。

・萌友子ちゃんは部員のみんなが知らないような仕事をしてくれてます。
また試合の時はチケット販売してます。
中央大学の顔ですね。
でも怒らせるとたぶん怖いです。
後輩のみなさん、来年、萌友子ちゃんは4年生です。
気をつけましょう。

・詩織ちゃんは頑張り屋さんです。
1年生のときアイシングがうまく作れない詩織ちゃんを泣かせちゃったことがあります。
とても反省してます。
アイシングひとつ作るにしても一生懸命に仕事してくれる詩織ちゃんを今では尊敬します。

・そして今年入部してくれた1年生の藍子ちゃん・帆乃夏ちゃん・ななこちゃんはとにかく明るくて可愛い3人組です。
この3人については、まだまだ知らないことも多いので、来年の4年生に紹介してもらってください笑笑


こんな感じでマネージャーの個人情報書いて、終わらせようと企んでいたのですが、マネージャーのこと書いていると夏の大会優勝した時に部員よりも喜んでいるマネージャーのみんなの姿を見て、とても嬉しかったことを思い出しました。

マネージャーの目標やゴールって何かわからないのですが、プレイヤーのできることは優勝して最高の結果を出すこと以外ないはずです。

中央大学スケート部のプレイヤーのみなさん。
氷の上でプレーすることは無いけど、チームのサポートをしてくれているスタッフ、マネージャー、いつも毎回試合を見にきてくれている方達、その他関わってくれている人のことも考えて試合に臨みましょう。

ということで最後のインカレ悔いのないように、優勝目指して頑張りましょう。
そのために齊藤大知はたくさん点数を入れたいと思ってます。


最後まで読んでくださりありがとうございました。


次は我らがキャプテン翼くんです。

副将 #77 齊藤大知

氷上の軌跡 -#20 切江蓮-


みなさん。
お元気ですか?
お久しぶりです。

総合政策学部 #20 切江 蓮です。

最近ずっと植森くんに「顔でかい」と言われ続けてどうしようと考えて出た結果が「そうだ、体をデカくしよう」と思って頑張ったら体重が増えちゃった切江です。
どうも。


そんな話はさておき、みんなが結構ホッケーの話をしているので僕は「母親」の話を少しばかりしたいと思っています。
あまり、言葉で伝えるのが下手なんですが最後まで読んで頂けると幸いです。


わかる人にはわかる。
僕の母親「まっき」ですが、本当に尊敬しています。
僕は小学生からホッケーをしていて高校も地元を離れて帯広へ。
そして、今は中央大学でプレーをしています。

僕は小さい頃から母子家庭でずっと母親一人で育ててくれました。
一人っ子ということもあり自由にさせて頂きました。

小さい頃から「まっき」って呼んでたこともあり高校で湊谷先生の前で普通に「まっきー」って呼んじゃって冷や汗をかいたことを今でも忘れませんね。
うん。


どんな時も弱いところを見せずにずっと背中を押してくれた母親のことは本当に尊敬してるし感謝でいっぱいです。

でも、見ちゃったんですよ。
僕のこと空港で見送りしてくれた時に泣いてるところを。

かわいいですよね。
いや、間違えました。
僕も貰い泣きすることろでした。


いやー、マザコンですね。
もうね、マザコンでしょ。って思われてもいいんですよね。
マザコンなんで…笑


こうやって言ってますけど、なにを言いたいかって高校から親元を離れて送り出し大学まで行かせてくれた母親をこの地元開催と最高の場所で優勝して胴上げしてあげたいんですよ。
嬉し泣きした顔が見たいんですよ。
だから、優勝は中央大学が取ります。

というマザコン切江の話でした。


それでは皆さん。
準備はいいですか。
やってやりますよ!
中央大学はやりますよ!
どうか中央大学を応援してください!
僕たち中央大学がこの寒い釧路を熱くするんで会場に来て下さる皆様も一緒に熱くなりましょう!


次にブログを書くのはイケメンと可愛い顔を持ち合わせる中央大学のエース大知の登場です。
惚れないようにだけご注意を。


それでは皆さん。
リンクでお会いしましょう!

副将 #20 切江蓮

氷上の軌跡 -#30 合田聖-


こんにちは!
成田君よりご紹介に預かりました中央大学4年の合田 聖です!
チームとして最後のブログという事で、何を書こうか迷っています笑
なので、大学4年間で感じた事を書こうと思います。


大学4年間は、私にとってとても早い4年間でしたが、とても充実した4年間でした。

入学当初は、中大に来た事を後悔しました。
「自分はここで通用する選手ではないな」と思うくらい大学のレベルが高過ぎたからです。
1年目は、ついていくだけで精一杯でした。

ただひたすら頑張ってついていき、自分のやるべき仕事をしていました。
春大会を優勝した時は、とても嬉しかったです。
小中高の部での優勝経験の無い私には、初優勝だったので、今でも印象に残っています。


その時に、「次は自分が出て優勝したい」と思い、1個上の先輩、金子将太朗さんを実力で抜かして出てやろうとやる気になっていました。

まあ結果は皆さんご存知の通り、抜かせなかったんですけどね…笑笑


しかし、常に越えるべき先輩や後輩のキーパーがいる事は幸せな事であり、中大に入らなければ、経験出来なかったと思います。
中大のこの環境が無ければ、ここまで成長する事はありませんでした。
自分が置かれた環境で、腐る事なく1日1日を無駄にせず、努力する事の大切さを学びました。

誰でも環境等に何かしらの不満を持つのは、当たり前です。
私も不満はありました。

ですが、環境が変われば、不満は無くなり楽しくなるのかと言われたらそうではないと思います。

「こっちの環境の方が楽しそうだからそっちに行きたい。」

と思うかもしれません。
しかし、違う環境に行けば楽しみ増えるかもしれませんが、それと同時に違う不満も出てくるかもしれません。
環境等のせいにして、自分が努力から逃げるのは簡単です。
大事なのは、何があっても腐らず我慢して頑張る事です。その先には、必ず大きな成功があると私は4年間を過ごして実感しました。


今では、中央大学に入って本当に良かったと思っています。
優しい先輩方や同期、後輩たちに恵まれ、楽しくホッケーをやって4年間を過ごせました。
中央大学に来なければ、この4年間は過ごせなかったと思うので、声をかけて下さった江守さんにはとても感謝しています。


楽しかったこの4年間も、このインカレで終わりになります。
こんなにガチでホッケーに取り組み、勝利を目指すホッケーをするのは、これからの僕の人生で、もう無いと思います。
また、私の地元釧路市で行われます。
最後は地元で終われるというのは、これ程幸せな事はないと思うので、育てて下さった両親やコーチ陣に感謝の気持ちを忘れず、中央大学という最高のチームで、1戦1戦全力で戦い、優勝をして恩返しをします!!

長くなりましたが、最後まで読んで下さり、
ありがとうございました。


次は、20番 切江 蓮君です!
「面白いブログを書く!」
と意気込んでいたので、皆さん楽しみにしていてください!

#30 合田聖

氷上の軌跡 -#63 成田啓祐-


皆さんこんにちは。

文学部 4年 #63の成田啓祐です。

氷上ではあまりプレーしてる姿をお見せすることが出来なかったため、成田って誰??と知らない方もいるかも知れませんが、、

そんな私のブログを最後まで読んで頂けたら幸いです。

長くなると飽きると思うので短めにいこうと思います。


まず初めに私の18年間のアイスホッケー人生の生い立ちを少しばかり書こうと思います。

本日、インカレ開催地である釧路に向け出発したのですが、そんな釧路と街の雰囲気、気候が似ている苫小牧で4歳の時アイスホッケーを始めました。

その後、
苫小牧ジェッツ(小学生)

沼ノ端中学校

苫小牧東高校

と進路を進み、ご縁あって中央大学に入学し今に至ります。


入学当時とにかく緊張していたことを今でも鮮明に覚えています。

中央大学に入り、一番最初の悩みが背番号決めでした。私の好きな番号は既に先輩がつけていました。そのため「え、そんな悩む???」と疑問を持つ程には悩んでいました。

最終的には63番に決めましたが、この番号に決めた理由は前回のブログで#22の佐藤稜が紹介してくていた通り、ネットで調べたところ単に私のラッキーナンバーだったからです。

「それだけ悩んどきながらネットかよ、、」と思った皆さん!

それが成田啓祐です。


そんな小さな悩みから始まった大学生活ですが、学生としてできるアイスホッケーも残り僅かとなりました。

今まで支え続けてくれた両親には感謝しかありません。
また、指導してくれたスタッフや今まで関わってきた関係者の皆様が笑顔で今年を終えられるよう、全力で頑張ります。


最後に私の好きな言葉を添えて終わろうと思います。

理論物理学者であるアインシュタインの名言で


「挫折を経験したことのない者は、何も新しいことに挑戦したことがないということだ」


というものがあります。

我々は夏は優勝したものの春、秋ととても悔しい想いをし、挫折を経験しました。

この挫折をバネに試行錯誤し、意見をぶつけ合い、新しいことにも挑戦し続けてきました。

必ず我々が優勝をもぎ取ります。
最後まで中央大学の応援をよろしくお願い致します。


次回は#30 合田聖です!
チームではとても愛嬌があり、後輩からも好かれるほど人気があります!
普段はあまり怒らないのですが、以前調味料を捨てられてた時はかなり怒ったようです。
調味料を愛し、調味料に愛された男のブログを楽しみにしていて下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

#63 成田啓祐
ニュース&トピックス

メッセージ

メンバー紹介

ブログ

試合日程・結果

フォトギャラリー

ムービー

ツイッター

トップページ

カレンダー(月別)
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ