スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷上の軌跡⑦ #18 佐藤優樹

中央大学総合政策学部 四年
今年度主将を務めさせていただきました。
佐藤優樹です。

四年生にとって、最後のインカレが明日から始まります。四年間の大学生活を振り返り、インカレの抱負について、書く機会を与えて頂いたので、拙い文章ではありますが、書かせて頂きたいと思います。

自分が中央大学に来てアイスホッケーがしたいと思ったのは、鈴木健斗さん(現クレインズ)とまた、一緒にプレーをしたいと思ったからです。

とても自分とはかけ離れたプレースタイルですが、上手い上にハードワーク、がむしゃらさを持っていて、気持ちの強いプレーをする健斗さんが自分にとっての憧れでした。
そして、健斗さんが進学した中央大学でも活躍していて、負けないように活躍したいと思い、中央大学を希望させてもらいました。

自分の希望通り、江守さんにとっていただき、入学することができました。
しかし、中央大学は日本代表に入るようなレベルの人たちばかりで北海高校卒業の人が活躍しているから自分が活躍できるといったような簡単なレベルではありませんでした。

なかなか自分の思うようなプレーもできなく、試合に出れない日々が続いていましたが、活躍するために中央大学に来たのだから、出るためにどうすればいいのか自分なりに考えることが多かったです。わからない時はコーチに聞いたり、試合に出ている選手とともに試合のビデオを確認しながら、チームに何を求められているものはなにかを聞いていくことで成長することができたのだと思います。

1年次のインカレでは、メンバーとしてリンクの上で四年生とともに戦うことができました。
そして四年生には、チームの為に自己犠牲を払って、勝利を目指す姿勢を学びました。
この時のチームは自分の役割をしっかりとみんなが理解していて、みんなが優勝しかないと考えていたからこそ、三冠という偉業を達成することができたのだと思います。
201812241024204de.jpeg


2年次のインカレは、最後憧れの健斗さんと同じセットでプレーすることができました。
ですが、かなり自分が足を引っ張って迷惑をかけてしまったと思います。
チームとして、目標である三冠は手にすることができませんでしたが、決勝での試合終了の3秒前に健斗さんが決めたゴールは自分達に諦めない姿勢を見せてくれました。
最後まで自分にとって、チームにとって、かけがえのない存在であって、たくさんのことを学ぶことができました。

3年次のインカレでは、1番お世話になった先輩方をどうしても優勝させたいと意気込んで挑んだ大会でしたが、チームとして、いい結果に終わることができませんでした。

そして明日から自分たちにとって最後のインカレが始まります。

今年のチームでは、自分の体がボロボロになって自分がでれなくても、勝ちたいと思えるチームであると僕は思っています。

こんな風に思えるのはチーム一人一人がこのチームで勝ちたいと思っていて、勝つために自分はどうしたいってみんな考えているからこそ、そんな風に思えるんだと思います。

自分は正直、主将になっていいことばかりではありませんでした。主将になって2試合目で怪我をしてしまい、先頭に立って引っ張っていくことが出来なく、どうやってこのチームを1つにまとめて勝たせるのがいいのか、全然わかりませんでした。
だけど、代わりに主将を務めてくれた矢野が必死にチームを引っ張っていこうとする姿や、それを支えようとしている四年の姿を見ていて、自分なりのやり方で頑張ろうと思えました。

しかし自分の力の無さで、チームをうまくまとめることができなく、勝たせることができませんでした。

大学四年間で初めての経験で、かなり悔しかったし、中央大学の主将として、不甲斐なさを感じました。

今の自分にできることを必死に考えて、伝えても、伝わらない難しさであったり、1つの方向に向かわせる難しさを痛感しました。

それでも、チームの為にと、考えてくれる同期や後輩がいて、下を向いてる暇はないと思わせてもらいました。

自分はホッケーが上手いわけでもないし、みんなをうまく引っ張っていく力があるわけでもありません。
だけど自分を支えてくれる最高の同期と後輩がいます。
情けない主将かもしれないけれど、みんなが最高に楽しめて、全力で試合に臨めるように気持ちを高めていくのが自分のできる仕事だと思うから、自分は自分なりのやり方でチームを引っ張っていきたいと思います。

そして、この苫小牧での、借りは返さないとなりません。
2年前のインカレ決勝、そして今年の夏の準決、この地で負け続ける気はありません。

今年一年負け続けたのは、このインカレでの優勝の為だと言えるように、今までの負けを無駄にしないように、負けで学んだこと、悔しさを忘れずに、チーム一丸となって、このチームで決めた、
「ALL FOR WIN」
というスローガンを掲げたからには、試合に出てる人、出てない人、マネージャー、スタッフ含め、チーム全員で勝利の為に、自己犠牲を払い、貪欲に勝利を目指したいです。

チーム全員が誰かの為にと、自分の欲を捨て、1つになれた時が一番強い時だと知っています。

たとえ、他のチームの方が上手いプレイヤーが多いから強いというのは関係ありません。
自分達がどのようにして、勝ちたいか、
誰のために勝ちたいか、
人一倍勝ちたいと思っている人が多いチームに勝利は転がってくると思っています。

うまさなんて関係ありません。
チーム一丸となって戦うのが中央大学です。
この伝統を築きあげた先輩方の思いを受け継ぎながら、自分らは自分達らしいホッケーで頂点を掴みたいと思います。

最後ぐらい笑いたいです。

この1年間どのチームより苦しい時期を味わいました。
自分がキャプテンだから弱いのかもしれません。でも誰よりもこのチームで優勝をしたいと思ってます。
最後に勝たせるのが最後キャプテンとしての務めだと思います。

底辺を知っている僕らはどこよりも強いです。
このインカレに向けて、どこよりも走りました。
これで負けたら悔いはありません。
そのぐらいの自信を持って最後のインカレに挑みます。

このインカレで最後になりますが、自分はたくさんの方々の支えがあって、主将として、1人の人間として、成長することができました。
ありがとうございました。
20181224102434eb5.jpeg


16年間アイスホッケーを続けさせてくれて、自分のわがままなことや進学、全て不自由なくやらせてくれた両親には感謝しきれないです。
最高の恩返しを29日にしたいと思います。

そして、後輩にはこの1年間すごく助けてもらいました。ありがとう。
不甲斐ない四年生かもしれないけど、最後付いてきてほしい!一緒に優勝しよう!

同期のみんなには本当にいろんな面で支えてもらいました。
謙太、矢野りん、ぱちょ、圭悟、拡、将太朗
色々あった四年間だったけど、この7人だったから折れずにここまでやることができたと思う。
ありがとう。
最後この苫小牧の地で中央大学の校歌を歌うことを目標に明日から5試合死にものぐるいで頑張ります。
応援よろしくお願い致します。
20181224102445c98.jpeg


最後まで拙い文章でしたが読んでいただきありがとうございました。

中央大学 主将
#18 佐藤 優樹

スポンサーサイト

氷上の軌跡⑥ #67 高見悠斗


こんにちは。
#67番FWの高見悠斗です。
八戸ホワイトベアージュニア→八戸第二中学校→東北高校→中央大学といった経歴です。

他の人と違い、幼稚で内容が薄い文章ですが最後まで読んでいただけたら幸いです。


まず最初に、1番苦労をかけた両親に普段は伝えられない感謝の気持ちを伝えたいと思います。
22年間育ててくれてありがとう!16年間もアイスホッケーを続けさせてくれてありがとう!あまり連絡しなかったけど、常に気遣ってくれてありがとう!最後何としても優勝して恩返しします!


ここから少しだけ16年間のアイスホッケー人生を振り返りたいと思います。

私は小学1年の時に、大東文化大学の馬場風諒選手に誘われてアイスホッケーを始めました。あの時のリンクの匂い、バックスケーティングができなかった悔しさ、今でも鮮明に覚えています。笑
あの時、風諒に誘われてなかったら今頃自分は何をしていたんだろうといつも思います。風諒アイスホッケーに誘ってくれてありがとう!笑

ここから私のアイスホッケー人生が始まったわけですが、幼少期は本当にアイスホッケーが楽しくて、負けたくなくて、無我夢中にアイスホッケーをやっていました。
水泳もバスケもやってましたが、比べ物にならないぐらい楽しかった。小、中、高と上がるにつれアイスホッケーのある生活が普通になり、私の人生にはアイスホッケーしかなくなっていました。


高校は県外の東北高校に入学し、3年間親元を離れて寮生活を送りました。
1年目、全く試合に出れず一年生の仕事で手一杯の生活を送りました。何のために親元を離れて県外に出ているか分からないことが多くあり、ここは監獄なんじゃないかと何度も思わされました。
今では良い思い出ですが、笑

大学ですが、どうしても人生で日本一を経験したくて、北海道勢とホッケーをしてみたくて、実力が伴っていないのは分かっていましたが中央大学に希望を出していました。最初は当然断られましたが、ありがたい事になぜか中央大学に入学できました。笑
ほんとに運が良かった、、、
期待3割、不安7割で入学したわけですが、初めての練習で度肝抜かれました。
日本トップレベルのホッケーは想像以上で、観客気分で練習していました。笑
しかも初っ端から怒られ、一気に不安10割に変わりました。
運がいい事に試合には出ていませんが、1年目から3冠を経験させてもらえました。
人生で初めて日本一を経験したのに、素直に喜べなくて、なぜかすごい悔しかったのを覚えています。

全てが劣っていた私は何か1つでもみんなに負けないものを身に付けようと思い、ひたすらウエイトトレーニングばっかりしてました。今思うともっとやる事があるだろうと思いますが、自分に自信をつけるために必死でした笑
ウエイトがホッケーに必要とか必要じゃないとかじゃないんです。笑
自分の中では、何かで1番をとることに意味がありました。
金子も似たような事書いてましたが、そういうことです!

試合は2年生から少しずつですが、出れるようになりました。試合に飢えていたのですごい楽しかった、、、
幼少期を思い出しながらホッケーをしていました。笑

慣れとは怖いもので、安定して試合に出れるようになると、楽しいという気持ちがどこか薄れていきます。←最近気付きました
もちろん勝てば嬉しいし、負ければ悔しかったけど、楽しくはなかった。

16年間のアイスホッケー人生最後の大会

1試合1試合、しっかりと噛み締めながらあの時の純粋な気持ちを思い出しつつ、楽しみたいと思います。

もちろん目標はインカレ優勝です。

後輩達には1度も優勝を経験させてあげられてないので、何としても優勝したい。
偉そうなこと言ってますが1人ではできないのでみんなの力を貸してください。笑
終わりよければ全て良しということで、最後はみんなで笑って終わりましょう!!


最後になりますが、応援してくださる全ての方々の為、チーム一丸となって全力で闘うので、熱い応援宜しくお願いします!

よく分からない幼稚な文章になりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

#67高見悠斗

氷上の軌跡⑤ #16 沖澤拡


チームブログをご覧の皆さん、こんにちは。背番号16番商学部4年の沖澤拡です。
保護者の方々やOBの方々をはじめ、いつも中央大学スケート部を応援してくださってる皆さんいつも多大なるご支援ありがとうございます。

来週から始まるインカレで遂に引退を迎えるということで、4年間を振り返り、自分が率直に感じた思いを書きたいと思います。

まず、高校に入学するときに北海道の苫小牧の人たちとアイスホッケーがしたくて、そのために青森から苫小牧の高校に行きたいと言ったとき、いろいろ親を説得するのに時間がかかり大変でしたが、道を拓いてくれて大好きなアイスホッケーをずっとやらせてくれる環境を作ってくれた祖父母、両親、妹?に感謝しています。


4年前の今頃は、レベルの高い中央大学で駒大苫小牧高校時代にホッケーでも人間としても尊敬していた憧れの先輩方とまた一緒にアイスホッケーができる喜びと期待でいっぱいでした。しかし、入学してからはそのアイスホッケーのレベルの高さと自分の無力さを痛感しました。1.2年目では満足いくように試合に出れず、ホッケーの楽しさを忘れてしまいホッケーをすることが嫌いになった時があります。

しかし、毎日のように自分に声をかけてくれる先輩方がおり、その先輩の言葉1つ1つに励まされ、勇気を貰っていました。

4年の月日が経ち、自分自身もチームを引っ張る最上級生となりました。

最上級生としてチームをまとめていくのは並大抵のことではないと身に染みて思っております。
今までお世話になった先輩方の背中を少しでも追いつき追い越せれるように頑張りました。

今、振り返ってみて、先輩方の背中は到底追いつきませんでしたが、後輩から少しでもお手本となる背中が見せれていたらなと思います。

そして、卒業してからも、4年生やチームのことを自分たちのように気にしてくれる先輩方の思いや最上級生として後輩たちへ最高の結果を味あわせてあげたいと思い、1年間生活してきました。


今年度のインカレの開催地は苫小牧で高校の3年間を過ごした地でもあります。中央大学で戦う最後の大会、自分に縁のある場所で、またアイスホッケーをするために選んだ場所で今まで支えてくれた祖父母や両親をはじめとする自分を応援してくださってくれている方々と一緒に最高の結果をだして終わりたいです。

#16 沖澤拡

氷上の軌跡④ #65 蓑島圭悟



こんにちは。

中央大学アイスホッケー部4年 蓑島圭悟です。


最後のインカレを迎えました。



人生で初めての全国制覇

インターハイ三連覇を逃し

日本代表初選出初ゴール

二年連続三冠を逃した場所。



不思議な事に

何かの節目には必ず決まって「苫小牧」でした。



苦い思い出の時はいつも追われる立場

嬉しい思い出の時はいつも挑む立場でした。



最後のインカレは後者として挑みます。






今 自分を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。


とても濃い4年間を過ごし、この先は選択肢で溢れている。


僕の辿ってきた道、これから選んでいく道について気になる人は多いと思います。


ですがインカレが終わるまで

過去を振り返る時間も、未来を考える時間もありません。


なので答えることは出来ません。



僕が今出来ることは

応援してくださっている方々への感謝の気持ちを忘れず

同期・後輩たちを日本一にするため

自分の全てをインカレに捧げることです。




今日の努力は明日を変える希望です。

二度と来ない時間を懸命に生きたいと思います。




短い文章になりましたが、これが今 僕が言えることの全てです。

後は結果を出してから綴りたいと思います。


応援よろしくお願い致します。


#65 蓑島圭悟

氷上の軌跡③ #12 渡邉謙太


こんにちは。
総合政策学部4年、渡邉謙太です。

氷上の軌跡ということで何を書こうかと考えるようと思いましたが、あいにくそのような優秀な頭は持ち合わせておりませんので、書きながら思ったことを書いていきます。


まず、始めに私がアイスホッケーを始めたきっかけです。家族がアイスホッケーをしていた、アイスホッケーを見てかっこいいと思ったなどというような理由は何一つ無く、小学校2年生の時にただ単に友達に誘われてなんとなくで始めたのがきっかけでした。
その頃は試合で負けても笑っていたり、合宿に行っても遊んでるだけでした。

中学校に入学した時には、サッカー部に入りたいくらいの気持ちでした。
親にも誰にも言っていませんでしたが、アイスホッケーというスポーツに熱い想いを持っていませんでした。
中学校でもなんとなくでアイスホッケー部に入部しました。そこで全国でもトップレベルの仲間に出会い、毎日家の前でシュート練習をしたり、わざわざ釧路まで通いアイスホッケーの練習をしたり(私の地元は帯広市です)、アイスホッケーに対して真剣に取り組んでいる仲間に影響されアイスホッケーに魅かれていきました。

高校進学もその仲間とまたアイスホッケーがしたいと思い、白樺学園高等学校に進みました。
今考えてみても生きているのが不思議なくらいの日常でしたが、仲間たちに支えられ乗り越えることができました。

そして、高校一年生の時に大学の進路の話がでてきました。私は一年生の時から中央大学に行きたいと思っていました。
高校の同期が誰も行かないところへ行きたかったからです。中学校、高校と同期に頼ってばかりのアイスホッケーで、今度は闘ってみたいと思いました。

実際にはとても心強い蓑島圭悟君が一緒の大学になったんですけどね笑


そして、待ちに待った大学生活が始まりました。
中学校、高校とは全く違う大学生活。誰かに指示されることもなく本当に自由な生活が待っていました。
私の生活は、練習、学校、昼寝、学校、就寝というような生活でした。
皆さんが思っているようなスポーツマンとは程遠い生活ですね。

正直言って、普通の人はどこかのタイミングで自分の生活を見直して改めていると思います。私は楽な方楽な方へと進んでしまう人間です。

そんな時に自分を見捨てずにウエイトトレーニングなど良い方向へ導いてくれた先輩、同期、後輩がいてくれたから私はぐれずに四年間やってこれたんだと思います。


長々と色々書いてきましたが、自分が言いたいことは何か、特に見つかりませんでした。なので思っていることを最後に書きます。


まずは、応援してくださっている皆様、中央大学はここ最近優勝から遠ざかっています。応援してくださっているのに本当に申し訳ございません。
しかし、インターカレッジでは絶対に優勝します。


生まれてから22年間支え続けてきてくれた親、いっぱいいっぱいわがままを言ったけど今思いつく親孝行はインカレ優勝しかないから優勝する!


中央大学のスタッフ、今年は特に色々ありました。時には生意気を言ったり、いうことを聞かなかったりダメダメな選手だったと思います。終わりよければ全て良しではありませんが最後絶対に優勝して終わりましょう。


マネージャーの皆、自ら率先して裏方の仕事をしてくれてありがとう。朝早くから練習に付き合ってくれたり本当に大変だったと思うけど、マネージャーの力はチームにとって大きな力だと全員思っているからこれからもよろしくね。最後優勝して終わろう。


1〜3年生の皆、頼りがいが無くいつもヘラヘラしてあぶらっこい先輩だったと思うけど、大学特有の上下関係が緩い生活で皆ととっても楽しい時間を送れて幸せでした。ホッケーでも四年生が引っ張るというより、全員で四年生を助けてくれてありがとう。あと少し四年生を助けて、四年生も引っ張るから!最後優勝して笑って終わろう。


4年生の皆、毎日毎日くだらないことでじゃれあったり、時には本気で喧嘩をしたり色々あったけど、こんなわがままで自己中心的な俺を見捨てずにいてくれてありがとう。一緒に過ごした四年間は濃すぎるくらいだけど、どんな思い出よりも最後のインカレを良い思い出にするために優勝して終わろう!!!


最後に皆様向けへの文ではなくなってしまう部分もありましたがご了承ください。
私が今思ったことを書きました。何が言いたいのかも文もぐちゃぐちゃで読みづらかったと思いますが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

インターカレッジでは絶対に優勝して引退します!

#12 渡邉謙太
ニュース&トピックス

メッセージ

メンバー紹介

ブログ

試合日程・結果

フォトギャラリー

ムービー

ツイッター

トップページ

カレンダー(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。